Kyodo Truck

ホルムス440PTプロトタイプ2013/12/09

Truck

去る5月28日にホルムス440PT型レッカー装置が発表になりましたが、実はプロトタイプ機は既に昨年の秋に日本に来ていました。ピーンと来る方もいらっしゃると思いますが、弊社で昨年来稼働している「センチュリーメトロ」のアンダーリフト部分のみを抽出したユニットが「ホルムス440PT」なのです。写真では見えませんがブームの付け根付近にはすでに油圧ウインチの取付ブラケットまで加工済みです。軽自動車から2トン車積車(時には4トン車も)まで十分に吊上げけん引をテストさせていただきました。さてこの「ホルムス440PT」、材質はご存知”T1スチール”を全面的に採用し、構造部の溶接は全てコンピュータ制御によるロボットが行っています。(トップページの「小型レッカーブーム製造工程 動画」でその模様がご覧いただけます。)ブッシュの摩耗等の激しかったキングピン周りも荷重を”ピン”で受けるのではなく”面”で受ける新設計のバルカン型に改良されています。 「お値段」だけではなく「品質」と「信頼性」も皆様に自信を持ってお勧めできる1台に仕上がっています。